劣化とはさようなら / 書籍電子化の電子書籍本家|本・コミック・雑誌の電子化サービス

劣化とはさようなら

黄ばみ、虫食いに悩まされることなく、大切な本をいつまでも綺麗な状態で保存する。それが、自炊です。

大事な本は、いつまでも手元に残しておきたいものです。しかし、紙で作られている以上、黄ばみなどの経年劣化は避けようがありません。図書館で古い本が補修されているのを見かけたことはありませんか。本は古くなると、ページが1ページ、2ページと剥がれてしまうのです。本は私たちが思っている以上に長持ちしません。そこでおすすめしたいのが「自炊」です。本をスキャンしてデジタル化することを俗語でそう呼びます。データを「自ら吸い込む」という意味があるそうです。また、自炊の際にOCR処理すれば、データに含まれる文章を検索できるになります。「あの文章、どこに書いてあったかな」という時にも便利です。なにより、本棚のスペースを取りません。部屋が本で埋まっている読書家にとって、自炊は救世主なのです。

関連画像はこちらから!

« 書籍電子化の電子書籍本家|本・コミック・雑誌の電子化サービス